「証し」

 

珈琲が好きで

普段はドリップパックやコンビニで珈琲を飲みますが


休みの朝はミルで豆を挽き

カタカタとケトルを鳴らして湯を沸かし

ペーパードリップ内を蒸らしてから

ゆっくりと注ぎ

その芳香まで楽しみます。


お湯を注ぐときに

ケトルの蓋が落下し

我が家のケトルは傷だらけ


家内から買い直してほしいとせがまれますが

年を取るとそんな傷も愛しく感じ

そのままにしています。


顔のしわもしかり


生きてきた証となり

さらに深く

畢生(ひっせい)の入相まで刻まれる


傷さえ受け入れられる気がします(S)

アーカイブ

人気記事