「風景」

 

大改修から10年ほど経ち

球場のシンボルでもある蔦の落葉風情にも

貫禄がでてきました。


シーズンオフになると球場の保全工事が始まり

弊社も一業者として携わらせていただいております。


我々の仕事は、現状復旧を主とした

施設の保全工事ですから

ほとんどの方は工事後の些細な変化には

気付かないかもしれません。


弊社の屋台骨である鉄道施設の維持保全工事に関しても

同じことが言えます。


列車は年中休むことなく運行しているため

終電が終わった後から始発までの僅かな時間で

風景を元通りに戻さなければなりません。


例えるならば

小さい頃に大都会の変わりざまを垣間見て感じた

映画「トゥルーマンショー」のような世界観でしょうか。


裏方である監督さんや職人さんが

人知れず頑張っていること


少しでも感じてほしいです(S)