「情景」

 

新聞からネットニュースに代わったのは

いつからだったか


この間ある新聞のコラムで

掲載された写真に思わず魅せられました


それは別に写真家本人の作品でもなく

写真家現在の姿と

若かりし頃の親類との集合写真であったわけですが


ありふれた情景のコントラストに

親類の笑顔に囲まれた青年の確固たる姿と

老年の達観された現在の笑顔がありました


自身も想像つかない

平穏不穏の人生があったこと

今や会えない親類もいること


そんな過去を受け入れたような笑顔が

昨年他界した叔父の顔と酷似しており

懐かしさを覚え

少し切ない感じになってしまいました(S)