「共存」

 

終の棲家であろう我が家は

街はずれの

自然とインフラが調和された

とても住み心地のよいところなんですが


盆地の丘を切土造成した

敷地であることからか

野鳥や数多くの虫たちが先住しており

家の内外でよく目にします


越して間もなくの頃

首筋からお腹へ何かを感じると

見たこともないような巨大なムカデに

遭遇したことや


雨季にはかつお節のミニチュア版のような

黒いものが畳に点在し

不審に思うと

ナメクジの死骸であったり


窓を開ければヤモリ落ち

蟻の行進も家中で見れば

季節の変わり目をひしひしと感じる

今日この頃です


一時は引っ越しを真剣に検討したことも

ありましたが

慣れてしまえば虫たちと共存しているようで

ういやつ

と感じるときもままあります(S)