「駅の塗床工事」

 

とある橋上駅エントランスの塗床工事が完工しました

発注者側の要請により、塗床本来の機能はもとより

今回は意匠性に注力されました


旅客や列車運行の妨げとならない終電から

始発までの僅か4時間で通行開放しなければならず

作業後における材料の硬化時間短縮が

最重要課題となります


そこで1時間以内で完全硬化し

高強度・高耐候性等優れた機能を併せ持つ

メチルメタクレート樹脂系材料

(歯科材料としても使われるツーンとしたもの)

が採用となりました


1日目の作業として下地調整を行いました

表層研磨


プライマー塗り


下塗材塗り


目地材塗り


2日目の作業として塗床(型枠)作業です

型枠材貼り


表層材塗り(色分け)


3日目の作業として塗床(仕上げ)作業で完工です

トップコート塗り


完工


床工事の中でも特殊な部類に入ることから

どうしても高コストになってしまいますが

職人さんの巧技で

タイル張りにも負けない位の精度に仕上げられ

感心しきりの現場でありました(S)